読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大学生が日々奮闘したりしなかったりするやつ。

オタク女子大生のオカルトなイラスト日常ブログ

オネエの女子力は女子大生に勝るらしい。

 

みなさんどうも。ぽむです。

 

前回は、雨の日の恐怖をお話しましたね。

その日のことを大学の友人に話したら、

「お前、単位持ってないくせに、変な運は持ってんだなあ。」

と言われました。

 

やかましわ!単位も落としてないっちゅーねん。

 

その友人は、しばいときました。

 

そんな今回は、一番最初の記事でも触れたんですが

私が度々飲みにいっている、行きつけのゲイバーのお話をしたいかと思います。

 

私の通うゲイバーは、イケメンだらけ。

別の店で働いているという知り合いの方は出来たけれども、実際に別のお店に行ったことないのでわからないんですが。

 

とにかくゲイの中には、ノンケにも好かれそうな整った顔の人も多いんですねえ。

私が行っているゲイバーのキャストさんはこんな感じ。

 

f:id:pompom0809:20161101195210j:plain

 

他にもたくさんのイケメンさんがいるんだけど、全員を描くと描き切れないので、後々のブログでその都度紹介を入れますね~。

 

特に仲が良い・・・というか、遊びに行ったときに出会う確率が高く、絡みが多いのがこのお3方。

 

 

 

まずは、私が初めてこのお店に行った時のお話からしましょうか。

そもそも、私がゲイバーに通うようになったきっかけは、バイト先にあります。

 

実は、ここのゲイバーはバイト先から徒歩5分のところにあるんです。

 

私のバイト先はスーパーマーケット。

ある日、私がいつものようにレジ打ちをしていると、強面の男性がレジに並ばれました。

 

私「お箸はおいくつご利用ですか?」

強面の男性「そうね、3本くらい入れといてちょうだい。」

 

!?

私は、その男性が帰ってから、仲良しのパートのおばさんに確認。

 

私「今の方、男性・・・っすよね?」

パートおばさん「そうよ~。ここってそういうお店がたくさんある通りに近いのよ。」

 

なるほど。それは少し興味があるな。

よし。行ってみるか。

 

私はその数日後。

同じバイト先の友達を誘って、ゲイバーに行くことに。

 

とりあえず、初めてということもあり

どの辺りにお店があって、どこのお店がいいのかを調べてみることに。

 

 

それで分かったことが。

 

ゲイバーといってもその種類はたくさんあり、私たち女性が入っても良いゲイバーは、一般的にミックスバーと呼ばれるらしい。

 

つまり、ゲイバーに行きたい!と、ネットなどでお店を調べる際に

ノンケの男性や女性の場合は「ミックスバー」であるかどうかをきちんと確認をして、そのお店に行く必要があるみたい。

会員制のゲイバーも珍しくなく、ゲイの方でも一見さんは入れない!というバーも多いみたいなのでお気をつけて。

 

ちなみに、勘違いされやすいのは、どのお店でもキャストが「女装」していると思っていることですね。

(※キャストとは、いわゆるそこで働いているスタッフさんのこと。ホストクラブで、ホストをキャスト、客をゲストと呼ぶのと同様。)

 

ところがどっこい、女装してらっしゃるキャストさんがいるのは、一般的に「ニューハーフバー」と言って、ゲイバーとは区別するようになってるらしいのです。

テレビなどでよく歌舞伎町のオカマバーが紹介されたりしますが、あれは一般的にはニューハーフバーという括りのようです。

 

ちなみに本来は、新宿2丁目にあるのは殆どがゲイバー(つまり、女装はしていない)らしく、女装バーは少ないみたいです。

 

もしかしたら間違っている表記があるかもしれないですが、こんなもんでしょうか。

(※もっと詳しく知りたい方はゲイバー - Wikipediaへどうぞ。)

 

 

私が通っているのは、ミックスバーと呼ばれるお店。

 

キャストさんが皆ゲイであるということを除くと、普通のバーと全く変わりません。

お酒を飲みながら、キャストさんや近くに座ってらっしゃるお客さんと話したり、カラオケしたりします。

 

 

私が初めてお店に行ったときは、まだ時間が早く、平日だったということもあってお客さんは少なめ。

おかげで、たくさんお話を聞くことができました。

 

通常、ゲイバーの開店は夜9時~10時あたり。(※店舗によります。)

そして、閉店が朝の5時あたりなので、ほぼ昼夜逆転のようなイメージですかね。

 

私も、大学の夏休みに遊びに行った際には

夏休みのほぼ2~3週間くらい、見事に昼夜逆転の生活になりました。

 

お客さんが増えてくるのは日付が変わってくるあたりから。

私たちが初めて行った時は、まだ10時半あたりだったので、お客さんは私たちのみのようでした。

 

 

入店直後。

「いらっしゃいませえ~」

 

奥から私たちを迎える声が聞こえてきました。

店内はピンクのライトで明るくしてあり、広いバーカウンターの奥には団体客用のソファがありました。

 

これはなかなか快適な空間。

 

初めて行ったときに迎えてくれたのは、ここのバーのママをしているM子ママと、キャストのひとりであるPさん。

(※後にPるんと呼ぶようになります。)

 

通常、平日は2人で回しているらしく、お客さんが増える週末になると3人で回すようになるみたい。

 

 

すぐにこの空間に魅了され、ひとりでも通うように。

 

ママをしてらっしゃるM子ママは、整った顔と、お話上手な面白い性格とのギャップが絶妙。

ただ、少々お茶目なところもあって

 

f:id:pompom0809:20161101200039j:plain

全然、帰してくれない。

 

ていうか、お会計させてくれない・・・。

普通逆っすよね・・・?

客側がごねるのはよく聞くけど、店側が会計しぶるって聞いたことねえ。

 

でも、「帰さないわよ」って言われるの、割と嬉しくて、嫌いじゃないの。

 

私「ママ、そろそろお会計・・・」

M子ママ「何のことかしら?」

 

これが通常モード。

この商売上手め!!

 

 

私が一番最初に仲良くなったのはPるん。

 

完全に女子にウケがいいであろう、ロン毛にヒゲを生やしながらも、甘いマスクの持ち主。

ただ私に対してだけか知らないが、Sっ気のあるお方。

 

私が全くバイトに入らず、毎日のように遊んでることをめちゃくちゃ突いてくる。

 

f:id:pompom0809:20161101200906j:plain

何も言えねえ・・・。

 

でもこのPるん。

かつて、私が酔っ払ったサラリーマンから、ホテルに誘われたのを助けてくれたこともある。

あの時は本当に助かった・・・。

 

あのイケメンフェイスの上、優しい一面も持ちつつ、意地悪もしてくるもんだから、女子にモテるのも当たり前だよな。

事実、ノンケの女性のお客さんからモテるみたい。

 

 

K平ちゃんはめちゃくちゃ優しい。

 

私が、M子ママやPるんに意地悪言われてるときも、めちゃくちゃ爆笑してるもののフォローいれてくれたり。

いや、めちゃくちゃ爆笑してんじゃねえか。なんだよ。

 

でも、本当に優しいし可愛い。

酔ったときに、私の分のお会計済ませてくれてたこともあったっけ。

いまだに返してねえや。すまん。

 

 

ゲイの方って、気遣いがすごい。

これは、どのゲイのキャストさんにも当てはまることだけども。

 

とにかく、女性の気持ちもちゃんと分かってくれるというか

というより、中性であるからこそ・・・なのかも。

 

 

もちろん、私のような女性のお客さんもとても多い。

そんな中でも私に良くしてくれるのが、M姉さん。

 

M子ママと仲良しな、アラサーのセクシーな美人さん。

とんでもないお金持ち(?)で、私が行くときにお店にいるとシャンパンとかドンペリとか、高いボトルのお酒をご馳走してくれる。

 

だから、姉さんと飲んだ日はびっくりするほどお会計が安い。やったぜ。

 

f:id:pompom0809:20161101202016j:plain

その代わり、朝まで付き合わなければならない。

 

姉さんと飲むときは、正直ベロベロにならないことの方が少ない。

ただ、楽しいし美味しいしで、つい電話しちゃうよね。てへ。

 

しかも、めちゃくちゃ胸がでかい。

Iカップですって、奥さん。

私は姉さんと飲むときは、自分の胸は見ないことにしてる。

 

これが正解。

 

 

また、ゲイの方が飲みにくることもある。

 

ある日、姉さんが連れてきたデザイナーをされてるというゲイの方と飲んだことがありまして。

 

そのデザイナーの方は、元祖オネエさまって感じで。

(※M子ママ曰く、おすぎとピーコ系らしい。)

 

デザイナーの仕事をされてるってこともあってか、とにかく女子力が高けえ。

 

その日はバイト終わりでお店に寄ったので、Tシャツにジーパンという小学生みたいな格好だったんだけど・・・

 

f:id:pompom0809:20161101202503j:plain

オネエさま「アンタ、女捨ててるわ!」

 

言われてしまった・・・。

ていうか、オネエさまに女子大生が完全に敗北した。

主に女子力的な意味で。

 

 

そんなこんなで、私は今日もゲイバーに通ってます。

 

いやあ、本当に楽しいです。おすすめ。

 

今度はしのちゃんも連れて行こうかな。

ぜひその様子も記事にしたい。

 

 

てなわけで、今回はこの辺で。

 

次回は、また「妖怪VS女子大生」シリーズをしましょうかね。

お楽しみに。

 

 

ではまた。

 

 

P.S. この間、またM姉さんと飲む機会がありまして。朝6時まで飲んで、3時間だけ寝て大学行きました。冒頭で話した友人から、「お前ほんとにアホやろ。」と言われました。やっぱりしばきました。