読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大学生が日々奮闘したりしなかったりするやつ。

オタク女子大生のオカルトなイラスト日常ブログ

二日酔いと裏切りは、ミッションらしい。

日常シリーズ

 

みなさんどうも。ぽむです。

 

前回は「初めての方のためのゲイバー講座」をさせてもらいましたね。

 

そんな記事を更新したその日にですね

イムリーというかなんというか・・・

さっそくM子ママからお呼び出しが来まして。

 

深夜0時半にタクシー飛ばして、通っているゲイバーに行ってきました~。

その日はなんだか濃くて・・・いやあ楽しかった。

そのときのお話も、そのうち記事にしますね。

 

 

話は戻して・・・

 

その翌日はもちろん大学

ですが講義は午後から。

家に帰り、眠りについたのは朝の7時。

授業に間に合うには、12時15分には家を出ないといけません。

 

目を覚まし、時計を見ると12時3分

私はそっと目を閉じました。(現実逃避)

 

f:id:pompom0809:20161111023745j:plain

 

だが現実はそうもしていられない。

 

イムリミットはあと10分くらい。

私は考えた。

 

天使「今から死ぬ気でいけば間に合うぞ。」

悪魔「お前二日酔いだろ?そんな頑張らなくてもいいじゃねえの。」

天使「いやいや、でも今期の単位やばいんじゃない?」

悪魔「まだ日にちはあるだろ~?え~?」

 

私の中の天使と悪魔が必死に戦っているのを

薄ら笑いで脳内で傍観しながら、考えました。

 

そのとき、天使が叫んだのです。

天使「おい!4限は確かテストだろ!?お前なんも勉強してねえじゃん!」

 

はっ!!!

そうだった・・・!

ここで3限いって、そこで4限のテスト勉強すれば一石二鳥や!

このテストで頑張れば、今までサボってたのも救われるやもしれぬ!

 

私はすぐさまベッドから飛び起き、ちょっぱやで準備。

家を出たのは15分。いいペースだ。

 

しかし私のミッションはまだ終わっていなかった。

 

私はいつもバスを一回乗り換えて、学校へ向かうのですが・・・

一回目のバスを降りて、乗り換えるバス停へ向かおうとしたそのとき。

 

!?

2つ・・・バスが2つ・・・だと!?

 

そう、私が乗り換えて大学へ迎えるバス停はふたつ。

 

ひとつは市内も回っている普通のバス。

もうひとつは高速を通ることを目的とした、少し立派なバス。

 

なんと、2つのバスが同時に来ていたのです。

 

後者のほうは少しだけバス停が離れていました。

しかし、確実に席に座れるのは後者の方

 

私は、バスではどうしても座りたい派。

意を決して、前者のバス停の前を通り過ぎ、猛ダッシュで後者のバス停の方へ。

 

バス停まであと50メートル。

・・・・30メートル。

・・・10メートル。

・・3メートル!!!

 

そのとき。

f:id:pompom0809:20161114193743j:plain

ぽむ「あっ・・・」

 

彼は私を置いて、颯爽と駆け抜けていきました。

 

だが私はまだ希望を捨てていなかった。

まだもうひとつのバスが残っている!!!

 

私は、ふっと振り返り

もうひとつのバスの存在を確認。

 

・・・ん???

なんかさっきより近くね???

 

そのとき。

f:id:pompom0809:20161114194616j:plain

 

ぽむ「あっ・・・」

 

思わず手を振ってしまいましたが

彼もまた、私を裏切って去っていきました。

 

いや、先に彼のことを裏切ってしまったのは・・・

他でもない、私のほうでした。

 

ごめんよ。

そうだよな、お前はあんなにもジャストタイミングで待っていてくれたのに。

その思いに答えなかったのは私の方だ。

 

私は誓った。

こいつの方のバス停で、次のバスを待とうと。

 

私は席に座れる安定感を捨て、裏切ってしまったあいつのバス停で次のバスを待ちました。

すると、10分後には次のバスが。

 

やはり、信じる者は救われる。

私は意気揚々と、そのバスに乗り込みました。

 

すると、時間が少し遅いこともあってか

ひとりがけの席に空きが。

(※優先席にも空きがありましたが、もちろんそこには座りません。)

 

私はゴキブリかのごとく

すばやく空いていたひとりがけの席に着席。

 

他の乗客も、各々後ろの2人がけの席に座ったようで

全員が席に座れているという、夢のような状況でした。

 

 

順調にバスが進んでいく中、あるバス停に止まりました。

そのとき私は驚愕しました。

!?

f:id:pompom0809:20161114201937j:plain

 

お年寄りが1人、2人・・・

・・・4人!?

 

ちょっと待て。

空いてる席は優先席含め3席

 

後ろの2人がけのところに空きはあるものの

たいていのお年寄りはそこには座りたがらない。

 

私は考えた。

譲るべきか・・・様子を見るべきか・・・。

 

 

ぽむ「様子を見よう。」

 

皆さん、これがクズの姿です。

お見納めください。

 

 

だが、お年寄りはやはり後ろの席には行こうとはしない。

あろうことか、私の方をちらちらみている。

 

やはり譲るべきだな。

 

私は腹を括り、席を立ち

無言の「どうぞ」を訴えかけました。

 

しかし。

奴らはそれでも座りません。

 

かと思えば、次のバス停でそそくさと降りてしまいました。

 

なるほど。すぐに降りるとこだったのか。

それならば、もう一度失礼させていただいて・・・。

 

私は先ほどまで座っていた自分の席に座ろうと、振り返った。

そのとき。

 

f:id:pompom0809:20161114201957j:plain

 

誰やお前えええええええ

なんでそこいんだよ!!!

さっきまでいなかったじゃねえか!!!

いつの間にそんなとこいやがって!!!

まるでゴキブリじゃねえかあああ

 

なんて奴だ・・・。

私のことを欺くとは。

 

見知らぬ大学生が、私の席を陣取ってました。

お年寄りは許す。

だがお前は別だ。

 

しかし、チキンな私は何も出来ず・・・

しぶしぶ座るのを諦め、仕方なく立つことに。

 

もちろん、奴のことはずっと見つめていました。

憎しみと恨みを持った瞳で。

 

絶対に許さない。

(※ただの逆恨みです。)

 

 

皆さん、酔っ払った翌日はお気をつけて。

何が起こるかわからないので

楽しようだなんて考えないように。

 

あと、アサシン(見知らぬ大学生)に気をつけて。

 

少し短いですが、今回はこの辺で。

 

ではまた。

 

 

P.S. ちなみに私の席を横取りしたそいつは同じ大学だったみたいで、同じタイミングで降車ボタンを押そうとしていたので、すかさず私が先に押してやりました。やられたらやり返す。倍返しだ!!(?)