読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子大学生が日々奮闘したりしなかったりするやつ。

オタク女子大生のオカルトなイラスト日常ブログ

桃太郎には疑惑しかないから、自分なりに正体を暴いてみた。

企画&やってみたシリーズ

 

みなさんどうも。ぽむです。

 

前回はスピノサウルスと出会った話をしましたね。

まああれは、姑息な作戦勝ちというやつですわ。

 

 

話は変わりまして・・・

これは私事なんですが、先日下の階の住人の方から

「夜中に、足音や何かを引きずっているような音がうるさい」

という、いわゆる苦情というやつがきたのです。

 

実はこれ2回目

足音に関しては

私は結構夜中はずっと起きているから、お風呂入ったり、トイレに行ったりするんでうるさかったのかもしれない・・・。

でも引きずる音・・・?

心当たりがない・・・もしやこれは心霊現象か??

 

とも思いましたが、

引きずるような音は、たぶんいつも使っているデスクの椅子。

飲み物取りに行ったり、トイレに行ったりするときに、どうしても椅子を引くと音がしちゃうんですよね。

いやあ申し訳ない。

 

1回目に言われた時から、自分なりに夜になったらなるべく静かに歩いたりしてたつもりだったんですが・・・

やっぱりうるさかったようで。

 

私が気をつけなくちゃ・・・と思いつつ、改めて思うことは、対人関係うんぬんはやっぱり大変ってこと。

皆さんも、私と同じような夜型の生活されてる方は、ご近所さんからの苦情にぜひ気をつけてほしいものです。

 

 

さて、そんな今回は私がふと気づいたことについて書きたいと思います。

 

皆さんは、桃太郎って知ってますか?

まあ、知らない人はいないですよね。きっと。

 

これですね。

f:id:pompom0809:20161202014106p:plain

(※ちなみに私の家にあった実際の絵本です。アマゾンさんで380円で売ってましたので、ぜひに。)

 

小さいころから、よく絵本や読み聞かせなどで知っている方が多いとは思うんですが・・・

桃太郎のイメージって、悪いやつをやっつける正義のヒーローですよね。

 

私もそういうイメージで、桃太郎のことを見ていました。

でも、あるとき気づいてしまったんです。

桃太郎って実は鬼より性格悪いんじゃないかと。

 

 

なので今回のテーマは

桃太郎には疑惑しかないから、自分なりにその正体を暴く

です。

 

 

そもそも、なんでそんなことに気づいたかというと

この間、さっちゃんの噂について記事にしましたよね。

そのとき、さっちゃんの歌詞を調べてたら、たまたま桃太郎の歌詞を見かけたんですね。

 

正直、驚愕しました。

私、桃太郎の歌の歌詞って一番しか知らなかったんですが・・・

実は6番まであるんですよ。

その歌詞が、私に桃太郎の正体の真実を教えてくれました。

 

皆さんにも紹介しますね。

 

【1番】

桃太郎さん 桃太郎さん

お腰につけた きびだんご 

ひとつ 私にくださいな

 

【2番】

 やりましょう やりましょう

これから鬼の 征伐に

ついて行くなら やりましょう

 

【3番】

行きましょう 行きましょう

あなたについて どこまでも

家来になって どこまでも

 

こんな感じで。

f:id:pompom0809:20161202015836j:plain

 

ここまではわりと普通の歌詞ですよね。

1番は家来の動物目線、2番は桃太郎目線と交互に視点が変わってるのも分かりますよね。

物語のような進みで、歌詞を続いていくのですが・・・

 

問題はここからなんですね。

続き4番から見てみましょう。

 

【4番】

そりゃ進め そりゃ進め

一度に攻めて 攻めやぶり

潰してしまえ 鬼ヶ島

 

驚きですね。

簡単にいえば「鬼ヶ島なんか潰してしまえ」と言ってます。

子供たちの大好きな物語とは思えぬ過激な歌詞

恐ろしいです・・・。

 

そして5番。

 

【5番】

おもしろい おもしろい

残らず鬼を 攻めふせて

ぶんどりものを エンヤラヤ

 

ここに関しては突っ込みどころがありすぎて・・・

まず、冒頭に「おもしろい おもしろい」と。

鬼を倒すことに、快感を覚えてしまっているわけです。

これは、殺人鬼によく怒る現象のひとつですよね。

快楽殺人とか言いますが・・・完全にその予備軍になってます。

 

こんな感じでしょうか。

f:id:pompom0809:20161202020954p:plain

 

 

そしてもうひとつ

「ぶんどりものを エンヤラヤ」の部分。

完全に、鬼が盗んだものを盗んでますよね

ミイラとりがミイラに・・・

というか、泥棒退治にしにきたはずの人たちが、泥棒になってしまってますよね。

物語の最後も、鬼から盗んだものでお金持ちになってましたからね。

問題ばかりですわ。

f:id:pompom0809:20161202022242j:plain

 

 

そして、ようやくラスト6番。

 

【6番】

バンバンザイ バンバンザイ

お供の いぬやさるキジは

いさんでくるまを エンヤラヤ

 

ここは問題ない・・・と思いきや

「いさんでくるまを エンヤラヤ」とありますね。

 

この”いさんで”という意味は、

おそらく、漢字をあてるとしたら”勇む”というだと思われます。

意味は、「気負ってはやり立つこと」

つまり、勢いづいているということです。

 

つまり、動物たちが勢いに乗って、くるまを乗り回してるってことですよね。

もう一度、鬼ヶ島へ向かう、桃太郎と動物たちの道中を思い出してみましょう。

 

f:id:pompom0809:20161202015836j:plain

 

完全に徒歩ですよね?

くるまなんてないっすよね??

 

てことは・・・

これ、完全にくるまを盗んでますよね???

 

5番の歌詞で、泥棒疑惑がありましたが・・・

その部分とは別に、盗んだものとして書かれているということは

鬼から盗んだものかどうかも分からない・・・。

つまり、普通の村人の家から盗み出している可能性もあるんですよ。

 

恐ろしくないですか????

 

 

桃太郎の疑惑はこれだけじゃないですよ。

物語をもう一度思い出してください。

 

桃太郎は、家来として犬と猿とキジを手に入れますよね。

そのことと、その方法に問題があるとは思いませんか。

 

物語では

おばあさんからもらったきび団子をあげることで、家来になってもらってますよね。

 

まず、家来という概念がそもそも怖い。

よく、ゲームのRPGとかで4人1組でパーティになってボスを倒したりしますが

あくまで仲間としてですよね。

 

なのに、桃太郎にとって彼らは仲間ではなく

あくまで家来として一緒に鬼退治をしてるんですよ。

そんなんだと、子供たちもいつしか見下してる友達や後輩のことを「家来」とか呼び出しそうですよね。

教育に非常に悪い・・・。

 

そしてもうひとつ。

おばあさんからもらったきび団子をあげて、家来にしてますね。

 

そもそも、きっとおばあさんは「お腹すいたら食べなさい」という気持ちで、桃太郎にきび団子をあげたはず。

それを、なんの躊躇もなく他人にあげてしまってます。

これは、人によってはものすごく嫌な、心無い行為ですよね・・・。

おばあさんも可哀想に。

 

そして、何よりも

動物たちを、食べ物を使って買収してるんですよ。

金やモノで全てを解決しようとする。

言葉などいらない。お前らはただ俺に従ってればいいんだと。

なんという非人道的な行為なんでしょうか!!

恐ろしい男です・・・。

 

 

このように、正義のヒーローとして名を馳せていた桃太郎ですが

実はとんでもない疑惑だらけの、性格悪いやつだったんですよ。

もう某アニメのバイキ○マン以下ですよ、こいつ。

 

皆さんも、周りの評価に惑わされないように

十分お気をつけください。

 

では今回はこのへんで。

 

ではまた。

 

 

P.S. これ書いてたときに、日本昔話って実は疑惑の塊なんじゃないかと、ふと思ってしまいました。また、気づいてしまったときはまたキジ(記事)にしたいと思います。桃太郎だけにね。・・・お後がよろしいようで。では、お楽しみに。